アスベスト調査に掛かる費用

アスベストが含まれる建築物であると疑われる場合、その建築物を解体・撤去する前に事前調査を行わなければいけません。さらに、解体・撤去作業を開始する前に、事前調査で得られるデータを地域指定の行政機関まで届出る必要があります。では、アスベストの調査にはどのような方法があり、そしてどれぐらいの費用が掛かるのでしょうか?

図面調査と現地調査

アスベストの調査には、「図面調査」と「現地調査」があります。図面調査とは、建築物の設計図書を調べ、使用されている建材名をあぶり出していく調査方法です。設計図書から判明した建材名と、アスベスト含有建材名を照らし合わせ、どのようなアスベストが使用されているのかを判断していきます。現地調査とは、図面調査の曖昧さを確実なものにするために、実際に現地に行って調査をする方法です。建築物全体を目視で調査し、さらに建材のサンプルを採取・成分分析することで、より精確なデータが得られます。

アスベスト調査に掛かる費用

図面調査は2万5千円程度、現地調査は3万5千円程度の費用が掛かります。調査を依頼する機関や検査項目によって費用は異なるため、目安として覚えておくと良いでしょう。また、現地調査で採取したサンプルを成分分析にかける場合は、「分散染色分析法」と「X回線分析法」のどちらで検査をするかによって費用が違ってきます。さらに、成分分析で行う「定性分析」と「定量分析」をそれぞれどの方法と組み合わせるかにより、費用が大きく変動することもあります。