アスベストが含まれている建物の解体に掛かる費用

アスベストが含まれている建物の解体・撤去には、一般的な解体工事よりもお金が掛かってしまうことがあります。建物のどの部分にアスベストが使われているのか、どのぐらいの量のアスベストが使われているのか……などの条件によって費用は異なります。

屋根瓦に含まれるアスベストの撤去

屋根材は、アスベストを含有する建材が使われていることが多い部分の一つです。特に屋根瓦(スレート瓦、コロニアル)は、アスベスト含有であることが多いため、アスベストの有無を調べておくことをおすすめします。アスベスト含有の屋根瓦を解体・撤去する際は、アスベストが飛散しないよう水や薬液で湿らせながら作業を行います。屋根の形状や面積によって異なりますが、撤去費用は30坪の二階建てで20万円程度です。

外壁材に含まれるアスベストの撤去

外壁材にアスベストが含まれている場合にも、瓦の場合と同様に水や薬液で湿らせながらの解体・撤去作業になります。撤去費用は30坪の二階建てで30~40万円程度です。屋根に比べると解体する面積が広いため、外壁材のほうが割高になるでしょう。

内壁や配管に含まれるアスベストの撤去

保温材・断熱材・耐火被覆材として内壁にアスベストが含まれている場合や、建築物の柱にアスベスト含有建材が使われている場合は、1平方メートルあたり1~6万円程度の解体・撤去費用が掛かります。大きな建物では数百万円という金額になることもあります。