アスベストの対処方法「封じ込め」とは?

吹き付けアスベスト等の飛散防止処理方法には、「除去」、「封じ込め」、「囲い込み」の3つの方法があります。完全に除去してしまえれば安心ですが、工事費や工事期間、建物の状態などにより完全な除去が難しい場合もあるでしょう。より手軽にアスベスト対策をするなら、封じ込め工法でアスベストを外側から封じ込めてしまうと良いでしょう。

アスベストの「封じ込め」とは?

建物の劣化などによりアスベストの飛散が懸念される場合は、アスベストを固めて封じ込める方法で対処することが可能です。吹き付けアスベスト等の表面に固化剤を吹き付けて塗膜を形成する「塗膜性封じ込め処理(表面固化型)」と、吹き付けアスベスト等の内部に固化剤を浸透させてアスベスト繊維の結合力を強化する「浸透性封じ込め処理(浸透固化型)」の2種類の封じ込め方法があります。どちらもアスベスト含有建材を解体することなく、外側からアスベストを固める作業になるため、短い工事期間で比較的工事費用を抑えたアスベスト飛散対策が可能です。近隣にアスベストが飛散・蔓延する可能性も非常に低いため、狭い範囲での工事に封じ込め工法が用いられることも多いです。

封じ込めの工事をする際の注意点

アスベストが使用されている建築物、および工作物の解体工事や撤去工事等を行う場合には、関係法令に基づく届出、および作業手順の遵守などが必要になります。特に、作業によって粉じんが生じる恐れがある場合には、専用の届出が必要になるのであらかじめ確認しておきましょう。