アスベストを含む「ジプトーン」を撤去するときの注意点

事務所、店舗、学校や病院など、さまざまな建物の天井に幅広く用いられているトラバーチン模様の洋風天井用化粧石膏ボードは「ジプトーン」と呼ばれています。吉野石膏株式会社の商品名として商標登録されており、現在販売されている製品についてはアスベストを含んでいません。

アスベストを含むジプトーンはすぐに撤去したほうがいいの?

建物の天井に用いられているジプトーンにアスベストが含まれていることが判明したら、まずジプトーンの現在の状態を把握する必要があります。ジプトーンの劣化が激しい場合、アスベストの飛散防止対策が必要になります。解体をしてすぐに除去することが難しいなら、囲い込みや封じ込め等の方法で対策を行います。ジプトーンの状態がしっかりしている場合は、アスベストがすぐに飛散し始める可能性は低いです。すぐに解体・撤去を行う必要はないかもしれませんが、劣化したときのことを考えて早めに対策しておくと良いでしょう。

アスベストを含むジプトーンを撤去するときの注意点

アスベストを含むジプトーンを解体する際には、飛散性アスベストのレベルに応じて適切な作業を行う必要があります。工事に携わる作業員の健康障害の防止や大気汚染防止の観点から、アスベストの繊維が空中に飛散することを防ぐために、原則として散水などの方法で湿潤化して作業を行います。その他にも廃棄に関するルールや処理マニュアルなどがあるため、アスベストを含むジプトーンの撤去は信頼できる業者に依頼することをおすすめします。