アスベスト調査は法律で義務付けられているのか?

アスベストが含まれている可能性がある建物は、解体やリフォーム工事を開始する前に「アスベスト調査」を行う必要があります。解体作業によってアスベストが飛散したり、飛散性が高い建材を残したままになってしまうことを防ぐためです。

アスベスト調査は義務なのか?

アスベストが含まれている建物の解体・撤去・リフォーム工事を行う際は、アスベストの飛散性による作業レベルを設定し、適切な方法で作業を進めることが法律で義務付けられています。建物に含まれているアスベストの詳細や、工事を実施する際に該当する作業レベル等に関しては、事前に指定の行政機関まで届出をしておかなければなりません。作業レベルを判断するため、工事を開始する前の届出のために、アスベスト調査は必ず必要なものになってきます。アスベスト含有建材を目視で調査し、作業レベルを判断できる場合には、成分分析等の詳しい調査を行わずに工事に取り掛かるケースもあるようです。

アスベストの成分分析が必要な場合

アスベストの飛散性が高いと判断され、作業レベル1または2に該当する場合は、アスベストの成分分析を行う場合がほとんどです。適切な作業方法で対応し、周囲へのアスベスト飛散・蔓延を防ぐという目的があります。成分分析の結果によっては、防護服や厳重な囲いなど特殊な装置を用いての作業になることもあり、工事費用が大きく違ってくるでしょう。アスベストによる健康被害を防ぐためには、精確な調査と適切な対応が必要です。