アスベスト含有の可能性がある建物は「年代」で見分ける

アスベストは、人が吸い込むことで健康被害を引き起こす危険性があるとされている物質です。住宅やさまざまな施設を建設する際の建材として用いられていましたが、現在ではアスベスト含有建材の使用が法律で規制されています。過去に建てられた建物がアスベストを含有しているかどうかは、建設された年代や建築年数から判断することが可能です。

アスベストの有無と建設された年代の関係

アスベストによる人体への影響が重要視され始めたのは、1970年代後半のことです。1975年に「特定化学物質等障害予防規則の改正」が施行され、アスベストの含有率が5パーセントを超える施工は禁止されました。また、1995年には「労働安全衛生法施行令」が改正され、アスベストの含有量が重量の1パーセントを超える吹き付けが禁止されています。さらに、労働安全衛生法施行令の改正を受け、アスベストの含有量が重量の0.1パーセントを超える製品の製造・輸入・使用が禁止となりました。つまり、1975年以前に建設された建物にはアスベスト含有の建材が使用されている可能性が高く、2006年以降に建設された建物にはほぼ使われていないと考えられます。

アスベストが使われている建物の注意点

アスベストが使われている建物は、健康被害へのリスクを高めるだけでなく、リフォームや解体工事を行う際にコストが高くなるという問題点もあります。建物に酷い劣化や破損が見られる場合は、なるべく早めに対処しましょう。建物の状態がしっかりしているなら、いますぐに健康被害が生じる恐れはありません。今後、建物が古くなってきた場合に備えて、適切な対処方法を考えておくと安心できるでしょう。