アスベストを含んでいる可能性あり「スレート屋根」とは?

「スレート」は、粘板岩を薄く加工した板です。主に屋根の仕上げ材や外装材などに使われており、天然素材のスレートと人工的な素材から作られるスレートがあります。瓦などに比べると軽くて耐久性があるため、多くの住宅の屋根に用いられています。

スレートにアスベストは含まれているのか?

スレートには、粘板岩を素材とする天然のものと、石綿やセメントを素材とする人工的な石綿スレートが存在します。アスベストが含まれている可能性があるのは、人工的に作られた石綿スレートです。現在は健康問題などから、石綿を使用しない無石綿スレートが主流となっていますが、10~20年以上前のスレートはアスベストを含んでいる可能性があります。天然のスレートに比べて安価で手に入り、耐熱性や防音性が抜群であるという魅力的な部分もあったため、石綿スレートが用いられる機会が多かったのです。

最近に建てられた住宅でも油断はできない!

アスベスト含有のスレートが屋根に使われている可能性があるのは、1961~1999年に建築された住宅であると言われています。しかし、1999年以降に建てられた住宅だからといって、必ずしもアスベスト含有のスレート屋根が使われていないとは言い切れません。アスベスト含有の建材の使用が規制されても、メーカーや施行会社の中には在庫を抱えていたところもあるはずです。在庫処分のためにアスベスト含有のスレート屋根を使用していた可能性も考えられますよね。念のために屋根の状態を確認しておけば、これからも安心して暮らしていけるでしょう。