アスベストが含まれた建物を撤去したい

アスベストは人体に悪影響を及ぼす物質として知られており、アスベストを含んでいる可能性がある建物を早めに撤去したいと考えている人は多いと思います。アスベストを含んでいる建物解体・撤去する際は、アスベストが周囲に飛散することのないよう十分に注意をしなければなりません。

アスベスト調査を行う

アスベストを含んでいる可能性がある建物は、まずは詳しい調査を行います。解体時や改修作業時にアスベストがどの程度飛散するかによって、作業レベル1から3に分類されます。建物にアスベストが含まれていた場合には、この作業レベル等の情報を書類に記入し、解体・撤去作業前に都道府県庁などに提出する必要があります。作業レベルに合わせて適切なアスベスト対策もしなければいけないため、まずはアスベスト調査をすることから始めましょう。アスベスト調査は、建築設計事務所や設備業者、地方公共団体の担当部署などに問い合わせると詳細を教えてもらえます。

アスベストを撤去する方法

アスベストを撤去する方法は、「解体」のみではありません。例えばアスベストを含んでいる建材に酷い劣化や損傷がなく、いますぐに解体しなくても飛散する危険性が低い場合は、「封じ込め」や「囲い込み」といった方法でアスベスト飛散対策が可能です。完全に除去してしまう場合にも、アスベストが大量に飛散することを防ぐために、封じ込めや囲い込みを行ってから建材を撤去することがあります。