アスベストの有無は建物の年代から判断できる

建物のアスベストの有無は、その建物が建てられた年代と、アスベスト規制の歴史とを照らし合わせることである程度判断できます。アスベストが含まれている建材を解体・撤去する際は、万が一アスベストが飛散したときのことを考えて適切な準備・作業を行わなければなりません。

アスベスト規制の歴史

アスベストによる人体への健康被害は、1970年代後半に重要視されるようになりました。1975年に「特定化学物質等障害予防規則」の改正が行われ、アスベスト含有率が重量の5パーセントを超える場合、吹き付け作業は禁止されました。1995年には、「労働安全衛生法施行令」の改正も行われ、アモサイト(茶石綿)、クロシドライト(青石綿)の製造・輸入・譲渡・提供・使用が全面禁止され、アスベスト含有量が1パーセントを超えるものの吹き付け作業も禁止されました。さらに、2006年にはアスベスト含有量が重量の0.1パーセントを超えるものの製造・輸入・譲渡・提供・使用が禁止され、アスベスト規制は年を追うごとに強まっていきました。

2006年以前の建物には要注意

アスベスト含有の建材がほぼ使用されなくなったのは、2006年以降です。1975年からアスベストの使用が規制され始めたものの、全くアスベストが使用されていなかったわけではありません。そのため、2006年以前の建物にはアスベストが含まれている可能性があるのです。とは言え、建物に酷い劣化や破損がなければ、いますぐにアスベストの被害を受けるわけではありません。今後、建物が劣化した場合に備えて、適切な対処法を考えておきましょう。