アスベストは「外壁塗装」に含まれているかも!?

アスベストは、外壁に含まれている可能性があります。古い建物のリフォームを行う際、「外壁の塗装を直すだけなら問題ない」と油断していると、思わぬところでアスベストによる健康被害を引き起こしてしまう恐れがあります。アスベスト含有の可能性がある建物に手を加えるときは、外壁塗装まできちんと確認しておきましょう。

アスベストは外壁塗装にも含まれている!

外壁材や屋根材にアスベストが含まれていることは考えられますが、外壁塗装にもアスベストが含まれている可能性があるというのは意外に感じられるかもしれません。現在は、人体に健康被害を及ぼす危険性があるとわかったため使用が禁止されていますが、過去には「吹き付けアスベスト」と呼ばれるものが使用されていました。壁や鉄骨などに吹き付けることで、耐火・断熱・吸音などの効果が期待できたのです。外壁塗装をリフォームするにあたって、アスベスト含有建材に高圧洗浄を行うと、塗料に含まれているアスベストが水圧で飛散してしまう恐れがあります。

アスベスト含有の外壁塗装は「封じ込め」が可能

外壁塗装にアスベストが含まれていることがわかった場合、無理に解体・撤去をする必要はありません。外壁の状態にもよりますが、既存の外壁塗装の上から新しい塗装で覆ってしまう「カバー工法」と呼ばれる方法があります。アスベスト含有の外壁塗装を封じ込めてしまう方法で、解体や高圧洗浄でアスベストを飛散させることなくリフォームが行えます。