アスベストが原因の病気とは何か調べました!

アスベストは、健康に影響を与える物質として周知されていますが、どんな病気になる可能性があるのか調査しました。

アスベストが原因の病気とは?

アスベストは非常に軽く飛散しやすいため、人間が吸い込む可能性が高く、吸い込む量が多いと排出されないアスベストが肺に蓄積されます。

アスベストが原因の病気として、肺がんや悪性中皮腫、アスベスト肺などがあり、肺内に蓄積したアスベストが炎症の原因になって、DNAを傷つけてしまい遺伝子異常を引き起こします。

アスベストが原因の病気を発症する場合、息切れや咳、体重減少、特有の肺音などを感じ発覚するケースが多く、直ぐに発症するよりも数十年経過して発症するケースが主流です。

アスベストばく露と喫煙の関係

アスベストの健康被害の一つ肺がんは、アスベストばく露と喫煙が大きく関係しています。

アスベストばく露の肺がん発症率を見ると、非ばく露1に対しばく露を受けると5倍になり、喫煙とアスベストのばく露を受けると50倍という高いリスクになります。

その為、アスベストのばく露を受けた可能性がある人は、喫煙による肺がん発症リスクを意識する必要があります。

また、アスベスト肺を発症した場合、息切れや咳などの症状が起き、アスベストによるばく露を受けなくても症状は徐々に進行します。

進行すると呼吸困難になったり、肺がん、中皮腫、気管支炎などの病気を併発するケースもあるため、アスベストによるばく露は最大の注意が必要です。