アスベストは肺気腫の原因となる、気になる症状と治療とその後

肺気腫という病気をご存知ですか。
主に指摘されているのは喫煙によって肺の末端の器官である肺胞という組織が破壊され、吸い込んだ空気が排出困難となって肺が膨らんだ状態となる病気です。
それが現在規制が厳しくなっているアスベストが原因とされる肺気腫という病気があるのです。
症状や治療について見てみましょう。

アスベストによる肺気腫、気になる症状

肺気腫の原因はさきにも述べましたが、主に喫煙が原因とされています。
でも他にも肺に影響を与える原因として大気汚染なども含まれています。大気汚染されている有害物質の中の一つがアスベストということになります。
アスベストが原因となる肺の病気をアスベスト肺と呼んで会います。
アスベストとは石綿と呼ばれ様々な場所で過去に使用されてきましたが、過去職業上関わった人々に次々と肺の病気が発見されるに至り問題となった経緯がありました。
アスベストを吸い込んだ後、経過が長く15年以上の潜伏期があるとされています。
発症するまでは無症状で経過することもあります。
発症すると、すこしの行動で息切れが起こったり、せきやたんが出やすくなります。
また慢性気管支炎を合併した状態が多くみられることから、ぜんそくのような症状が出ることもあります。

アスベストによる肺気腫、気になる治療やその後

検査は画像診断と血液検査などで診断されます。
肺気腫は破壊された肺の器官をもとの状態にもどすことではなく、残されている機能を活かすということが中心となります。
吸入薬などの投薬や症状に合わせた薬が処方されます。また呼吸リハビリテーションも行われます。

またアスベスト肺はがん化する心配があります。そうなると治療は困難をきたします。
そうなる前に、やはりアスベストを扱う仕事についていた方や、気になる方は検診を受けることが大切におなります。
症状が軽い、発見が早ければ対処しやすく、肺気腫となっていいても、日常生活の中で治療を続けることができます。
アスベスト肺の可能性があると考えるひとは、早急な受診をしていきましょう。また来通園をしているなど肺に影響を与える条件があれば除いていきましょう。

今は国の制度としてアスベストに関する規制や相談に乗ってもらえます。労働局などへ相談できますので、活用していきましょう。