アスベストは肺がんになる確率も高める!どのような人が注意した方がいい?

アスベストは健康被害があると言われていますが、肺がんになる確率も高まる事が分かっています。その影響でアスベストが含まれていない住宅に建て直す人も少なくありません。実際に肺がんになってしまうと根治するのが難しいケースも出てきてしまいます。そこでどのような人は注意しなければいけないのか確認しておきましょう。

喫煙者

日常的に喫煙をしているとタバコに含まれているニコチンが吸収されて肺がんになる確率を高めてしまいます。それに加えてアスベストの吸い続けていればさらに肺がんになる確率が高まってしまうので喫煙者は注意しなければいけないでしょう。非喫煙者の場合はアスベストが含まれている住宅に住んでいても少しリスクが高まる程度ですが、喫煙者は非喫煙者の10倍も危険性が高くなります。喫煙者でアスベストが含まれている住宅に住んでいる場合は健康面の事を考えて見直してみた方がいいです。

工場で働いている人

日本は製造業がたくさんあるので工場で働いている人も少なくないでしょう。しかし工場で働いている人もアスベストの影響で肺がんになる確率が高まってしまう事が多いです。工場もアスベストが含まれている建材を使って建てられている事が多いので仕事中に吸い続けてしまいます。しかも住んでいる住宅でもアスベストが含まれている場合はかなり危険性が高まります。工場で働いている人もアスベストの影響で肺がんになるケースが多いので健康面の事を考えて見直してみた方がいいです。