アスベストと石綿の違いは何か調査しました!

アスベストや石綿は、健康に影響を与える物質として有名ですが、同じ物質?と疑問の方も多いと思います。
そこで、アスベストと石綿の違いについて調査しました。

アスベストと石綿の違いは?

アスベストと石綿は、呼び名が違うだけで物質自体に違いはなく、繊維状の天然鉱物を指しています。

・アスベストの種類
アスベストと石綿は同じですが、アスベストには幾つかの種類があります。

クリソタイルやクロシドライト、アモサイト、アンソフィライト、トレモライト、アクチノライトなどの繊維状鉱物は、アスベストであり別名石綿です。

・新たに追加されたアスベスト
アスベストの中で、アンソフィライトやトレモライト、アクチノライトは、2008年からアスベストに追加され、現在は全て使用が禁止されています。

アスベストと間違えやすい物質

アスベストと石綿は同じ物質ですが、ロックウールは全く違う物質です。

アスベストや石綿は天然の鉱物ですが、ロックウールは人造の鉱物繊維で、健康に与える影響も違います。

・ロックウールは安全?
多量に吸入するとじん肺のリスクもありますが、アスベストのような健康被害は確認されていません。

また、繊維径を比較した場合でも、アスベストはロックウールより数十倍から数百倍細いため、呼吸系に入るリスクも変わります。

アスベストや石綿、ロックウールと聞いた場合、全部同じ物質やアスベストと石綿は違う物質に思いがちですが、アスベストイコール石綿で違う物質はロックウールです。