アスベスト利用の住宅など多く処分に困っている

飛散させないようにするにはとても難しいことがわかる

頭を悩ます問題

アスベスト含む廃棄物処理なら石綿飛散させないようしっかり注意してください。また、アスベストは社会問題化されてる特別管理産業廃棄物で、2040年までに年間10万トン排出予想されるぐらい潜在指定され処理できる場所は少ないです。そして、現状アスベスト含有かどうか割と調べやすい建材もしかり調査されなく廃棄されていたりしますが、酸にもアルカリにも強校熱にも強い特性があるアスベストをどうやって安全処分するのかは日本以外に多くの国が頭を悩ませます。日本はアスベスト製品製造禁止されて基本的に製造工場からのアスベスト飛散なくなって、アスベストは制限アヒシン使用してる建物、建物など改築・解体現場、廃棄物処理施設へ移ってます。

ストック量が多い

廃棄物処理めぐる問題ですが、飛散性アスベスト廃棄物に将来なるストック量が数十万トン、非飛散性アスベスト廃棄物は4000万トンと推定されています。そしてコンクリート柄など中間処理施設で4センチ程度砕き、粒度調整したのがあの再生砕石で、道路の路盤材などに利用されます。ですが、アスベスト廃棄物がこれに混ざり破砕されて、リサイクルされることにより再び私たちの身近なところに戻るような問題が起きています。そして、既に全国数百か所でそうした現場見つかっていて、全国的問題であるのは間違いないことです。コイン視されたアスベスト再利用にあたり労働安全衛生法違反の上、アスベスト廃棄物の再利用で廃棄物処理法違反です。