アスベストの処分は手続きなどもあることがわかる

事前に調査したりして書面説明をしたりする

事前調査などをする

解体工事などの受注者や自主施工者はアスベスト使用の有無の事前調査をして、その結果を解体など工事場所に掲示しなくてはなります。そして受注者は発注者に対し調査結果など書面で説明することになります。そして、徐々にアスベストの危険性認知されてきて、合わせて解体、処分に関して特別な方法が必要になりました。そして、アスベストの吹付施工が原則禁止されたのは昭和50年です。また、図面、その他書類に記載されてる建材名からアスベスト使用されてるか判断して確実にすべての図面、書類が揃っているとは限らずあくまで目安程度です。また、鉄骨の建物は原則吹付などを使用して、サンプル採取して分析業者に分析依頼をします。

分析して調べてく

採取したサンプルにアスベストが含まれてるか調べるのが定性分析。顕微鏡を使って調べる分散染色分析法などをします。そして、定性分析でアスベストが含まれると判断されたサンプルにどれぐらい含まれてるか調べるのが定量分析。これによりアスベスト含有率0・1%超えたら、その建材は規制対象になります。そして、アスベスト除去工事に用いされる特別薬剤を吹き付けられてるアスベストに塗ることにより工事中の飛散防いで、アスベストの層を下地からとってしまう工法があります。また、吹き付けられたアスベストの層はそのまま表面に薬剤塗っていくことにより、塗膜形成するなど飛散防止の方法もあります。そして、アスベストつかわれてる部位や量、その他条件により処理費用が大きな差が出て一般的相場はもネットで調べられます。