アスベストは写真でも見分けつかないような紛らわしさがある

よくわからないところにあったりすることがあり注意

注意したいこと

アスベスト含む建材は住宅だと外壁や屋根などに成形版として利用されていて、ビルは梁、吸音用の吹き付け材などで使用されます。そして、最も注意したいものとして吹き付け材があり、これが見えないからといって安心できません。屋根裏など普段みえにくいところに利用されるケース、内装の仕上げ材の下に吹き付け材があることもあります。そして、見た目ではアスベストが含まれるかわからず、一見して屋内外の生活空間と隔離されてるように見えて、実際配線、空調の通路みたいに空気の流れがあるところにあったりするケースがあります。

製造禁止されている

アスベスト含む建材は労働安全衛生法施工例により2006年9月から使用や製造禁止されていて、いま日本でアスベストの新規使用はされてないですが、それ以前に建築された建物ならアスベスト使用されるケースがあります。アスベスト調査は設計図書の確認、現地調査が必要で、まず設計図書は建物建築した建築業者、その建物販売した宅建業者に問い合わせてチェック可能です。そして設計図書にアスベスト使用した旨の記載ないとき、その後の工事で使用したら、設計図書からアスベストの使用有無チェックすることできなくて実際見てチェックする現地調査も大事です。そして、アスベスト使用されてるかを個人で判断難しくて専門家に依頼すべきです。またアスベスト含む建材に使われてるのか調査したければ建築設計事務所や工務店などに問い合わせします。