住宅にアスベストが使用されている場合においては

アスベストとは石綿ことであり、割と古い住宅であれば普通に使われている建材となっています。
1970年~1990年の間にとても多く利用されました。なにしろ、とても安いものでしたから奇跡の鉱物とさえ言われることもあったほどです。
しかし、発がん性などの問題が発覚してからそうした住宅を取り壊すときにも色々と注意しないといけないことになりましたのでいくつかの注意点を認識しておいたほうがよいでしょう。

周りに広がせない

アスベストとは吸い込むことが最大の問題ということになりますのでそれ自体からただ今何か放射線のようなエネルギーが発せられているから怖いというわけではないです。反面、無作為に破壊していくと周りに散らばるという問題がありますので解体する時にはきちんと覆ってからやらなければならないということになるでしょう。アスベストの注意点としてあるのが、とにかく発じん性が非常に高い、ということです。この点をよく認識しておくことです。住宅で利用されている場合、解体をする時には間違いなく、破壊していくわけですが撤去する際に大量の粉末が発生してしまうことになります。その吸引をしないようにということに注意しなければならないわけです。

どんな方法があるのか

アスベストを含む住宅を取り壊すときには薬液による飛散防止の封じ込め工法というのがまずあります。あるいは、密閉することによる囲い込み工法も用いられる事があります。
また、除去作業の際は事前にアスベスト除去工事の看板を提示しないといけないですし、作業場の清掃なども義務であり、様々な方法で飛散を防止しなければならないわです。