アスベストでの健康被害の救済とはどんな物か

アスベストによる健康被害と言うのはよく知られています。一時期はTVでもアスベストはよくないと言う事を特集していたくらいですから知らない人のほうが少ないでしょう。
現在では建材として使う事はないのですが、今まで使っていたわけですから健康被害が出ていることもまた確かです。
そこで国は救済制度をやっているのです。

病気になるの?

アスベストを吸い込むと様々な病気になるのです。もちろん、少しでも吸い込んでそこまで問題になることはないのですが量が多いとやはり病気になります。
どんな病気になるのか、といいますと肺関係がやはり多いことになります。石綿による肺がんとか石綿肺及びびまん性胸膜肥厚などになります
やはり吸い込む事によって体内に入れてしまうことによって健康被害が発生するということになりのますから注意しておきましょう。

救済制度とは?

石綿健康被害救済制度と言うのがあります。国がやっているものであり、アスベストによる健康被害であると認定される病気になりますと補助を受ける事ができるようになっています。中皮腫、石綿による肺がん、石綿肺及びびまん性胸膜肥厚などがその対象となる病気なのですが、石綿肺、びまん性胸膜肥厚に関しては何でもよいから、どんな症状でも、ということではないです。著しい呼吸機能障害を伴うもの、ということが救済対象となっていますから、よく覚えておくとよいでしょう。ややハードルが高目になっています。