アスベストの規制はいつから、なぜ始まったのか

 アスベストは天然に産出する無機繊維状鉱物で、耐熱性や保温性に優れ断熱材など建築物などに多く用いられてきました。
 しかし現在はその使用は原則として禁じられています。なぜ使用が禁じられたのか、いつから規制が始まったかについてまとめてみます。

使用が禁止された理由

 使用が禁止された理由は、健康被害を引き起こすからで、具体的にはアスベストを吸い込む事により肺線維症、悪性中皮腫などの原因になり、また肺がんを引きおこす可能性があるからです。なお中皮腫と肺がんは異なる病気です。アスベストは存在することが問題なのではなく、その極めて細い繊維を吸い込む事で健康被害を引き起こします。そのためかつてアスベストを使用していた建物を解体する場合、アスベストの飛散を防ぐ事が必要で、そのための法整備や規制もおこなわれました。

日本での規制はいつから、どんな規制がおこなわれたか

 規制がはじまる以前は建築工事において断熱材としてアスベストを吹き付ける工法が行われていましたが、1975年にこの作業がまず原則禁止されました。
 その後、労働安全衛生法で作業環境下での濃度基準や作業者の健康診断を行う事を事業者へ義務づけ、大気汚染防止法等によって工場・作業場からの排出基準を定める事によって周りへの飛散防止が図られました。またアスベストは廃棄処理をおこなう際には通常の産業廃棄物より厳重な管理が必要とされる特別管理産業廃棄物に指定されています。

現在の問題は何か

 現在問題となっているのは、以前アスベストを使用していた建物を解体する時にアスベストが飛び散るのを防ぐ事です。
 特に学校において吸音目的で吹き付けアスベストが使われていた事が問題になりました。この問題に対しての対策工事に公立学校施設整備費国庫補助制度からの補助が行われるなどの対策が量られています。